Read Article

ジョージア大学 The University of Georgia

こんにちは
協定校派遣から2015年8月から2016年5月の10か月間、
アメリカ、ジョージア大学留学をしていました。
留学の内容とジョージア大学について少しばかり紹介させてください。

以下、留学の内容です。

留学概要
留学時期
~大学2年次 発~
8月上旬、(鹿児島大学前期期末テスト終了)、ジョージア大学 Fall 授業開始
12月下旬、ジョージア大学 Fall 終了
1月初旬、ジョージア大学 Spring 授業開始
5月初旬、ジョージア大学 Spring 終了、鹿児島大学授業再開(GW明けから)

※留学開始は、アメリカの学校との授業開始のずれから、8月からです。終わりは5月で、その後大学は夏休みに入ります。
(そのため、鹿児島大学で単位が所得できないのは2年後期の一期のみで一年近くの留学でも、留年をせずに済みました。若干、被っていますが・・・。鹿児島大学の夏休みとジョージアの夏休みの間をうまく使えました)
+どうしても留年を避けたい方は、留学自体を短縮する方などザラにいますし、ほかにも自分の単位数、卒業要件など教務委員、学生係等と照らし合わせて計画的にすれば、留年せずに済むかもしれませんので確認するのをお勧めします。

授業の内容と一週間スケジュール
前期(8月~12月)は、語学学校にて、英語漬けの16週間。
後期は(1月~5月)は、本学にて、5つの科目を学びました。

語学では、必修のReading、Writing、Grammar、Listening and Speakingに加え、
選択可能な科目からiELTs Preparationを選び、受講しました。

※スケジュールは、埋まっていましたが、授業自体はゆったりと進んでおり、有意義な時間を過ごせました。語学学校の生徒は、中東、アジア、南米など様々な国の人がおり、多くの刺激がありました。ジョージア大学には日本人がかなり少ないので、英語のみを使う環境は整っています。また、語学交換のシステムが整っており、日本語を学びたい生徒とマッチングしてくれます。

本学で、化学、生物学、生態学、韓国語、生理学の5つを選択、受講しました。

※イメージ通りの(?)アメリカの授業風景が広がっていました。皆積極的な授業態度は、まさしくアメリカの大学でした。予習復習は当たり前の世界で、がっつりと勉強する環境です。遊び気分で行くとかなり辛いかもしれないです。ゆったり留学したい人にはお勧めできませんが、勉強したい人には最高の環境です。(+学生チューターによる授業サポートがあり、無料で受けられます。勉強の環境は素晴らしいです。24時間空いている自習室もあり、テスト前は12時までがんばってました。)

ジョージア大学について
ジョージア州(Georgia, GA)は、アメリカ合衆国建国時の13州の一つで、東海岸の南、フロリダ州の上に位置しています。その首都アトランタには、コカ・コーラ、CNNの本社があり、人口40万人余りの都市です。


ジョージア大学は、そこから車で郊外に2時間ほど行ったアセンズというのどかな所にあります。
(アセンズの様子 https://www.youtube.com/watch?v=OZtl6TCi7mI ※アセンズはアメリカ国民が選ぶ住みたいまちランキングで5位に選ばれたほどのいい街です。)
アセンズの、南部アメリカ文化の特徴らしいのですが、すれ違う人々が笑顔で気さくに挨拶をしあい、とても暖かい雰囲気であふれています。面白いTシャツを着ようものなら、「I like it」、「Cool」とか親指を立てて、Big smileをくれます。

大学の創設は1785年と古く、生徒だけで3万人を超えるとても大きいマンモス大学です。大学内で、一通りの施設が揃っており、特に不便を感じることはないと思います。アセンズは典型的なカレッジタウンの一つで、大学周辺は、殆ど全て大学に関係したものが広がっています。アメリカの大学では、アメリカンフットボールが盛んで、ジョージア大学もものすごい熱の入れようでした。試合の当日ともなると、街中の人が総出で応援に駆け付け、お祭りのようになります。
(試合前の大学周辺の様子 https://www.youtube.com/watch?v=d9RXITNlaKw ※アメリカの大学生はアメリカンフットボールの強い大学かどうかを基準に大学選びをする人もいるくらい熱が入ってるそうです。)
(写真は、ジョージア大学のマスコットのブルドックです。ジョージア大学周辺に20体以上あるみたいです。10体ほどは見つけましたが・・)
(ジョージア大学HP http://www.uga.edu/ )
大学の関連施設として、トレーニングジム、図書館(3か所)、学食(4か所)、映画館、野球場、フットボールスタジアム、売店、本屋、無料のバス等々、大学から出る本当に必要がないです。部活やサークルなどもたくさん、イベントも頻繁にありました。

勉強以外の活動
アトランタの空港(ハーツフィールドジャクソン空港)は、アメリカのハブ空港で、様々な場所へ比較的安価な旅費で、アメリカを回ることができます。大学の年間予定が、Spring 1, Spring 2, Fall 1, Fall 2と8週ごとに分けられ、それぞれの間に一週間ほど休みがあり、その休みを利用しアメリカを少し見て回れることができました。
留学中に行けた旅行先として、ニューヨーク、ラスベガス~グランドキャニオン、ロサンゼルス、ニューオリンズの4か所とジョージア州の周辺でした。ほか週末は、小さな町を散策したり、大学のジムでトレーニング、図書館で宿題などへ通い充実した日々を過ごせました。

ニューヨーク、タイムズスクエアで見つけた変なパフォーマー

ネイキッドカーボーイ。¥1000万を超える収入があるんだとか。

 

 


ロックフェラーセンターからエンパイヤーステートビルの夜景(ニューヨーク)

ホースシューベンド(グランドキャニオン)

グランドキャニオンへの旅行は、アメリカの広さを感じました。ラスベガスから車で12時間以上かかりました。

グランドキャニオン ノースリムロッジの朝焼け

最後に
たった10か月の滞在ではありましたが、伝えきれないくらいの経験をさせて戴きました。一部しか載せられない、伝えられないのが本当に残念です。
ただの旅行では見れない、感じ取れない様々な側面や感情が巡り、かけがえのない時間をすごしたと思います。
色々な人にお世話になり、このような体験をさせて戴いたことに、本当に感謝です。

これから、留学に行く人、留学を考えている人へ

”鏡の国のアリス” の赤の女王はこんなことを言っています、”Now, here, you see, it takes all the running you can do, to keep in the same place.”(同じ場所に留まる為には、力の限り走らねばならぬ)”If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!”(ほかの場所にたどり着きたいなら、その二倍は早く走らなければならない)と。
留学に全力で取り組めば、きっとほかの場所に辿り着くと確信しています。頑張ってください

Return Top